まどマギ原作に登場した魔女&使い魔まとめ!

マギアレコードのゲーム性などは判明していませんが、劇団イヌカレーがスタッフに加わっていることから、やはり魔女とのバトルはあると思われます。

今回はこれまでまどマギで登場した魔女や手下(使い魔)などを振り返ってみましょう

魔女と手下(使い魔)一覧

使い魔 アントニー

アントニー

女の手下。その役割は造園。
おヒゲは魔女にセットしてもらう。

1話で登場した魔女の使い魔。アルティメットなでなでされる羨ましいやつ

薔薇園の魔女(ゲルトルート)と使い魔

ゲルトルート

薔薇園の魔女。性質は不信。なによりも薔薇が大事。その力の全ては美しい薔薇のために。結界に迷い込んだ人間の生命力を奪い薔薇に分け与えているが、人間に結界内を踏み荒らされることは大嫌い。

2話で登場した魔女。マミさんにわりとあっさり倒されちゃう

card03

薔薇園の魔女の手下。 その役割は警戒。人間を見つけると、ベルのような警戒音を鳴らし、容赦ない頭突きを食らわせる。視力は 2.5。 小さなタイプは侵入者を阻む薔薇の蔦に変身可能。

暗闇の魔女(ズライカ)と使い魔

ズライカ

暗闇の魔女(未登場)。その性質は妄想。 闇が深ければ深いほどその力は増す。 完全な暗闇の中においてはほぼ無敵だが 灯りの多い現代ではそれほど恐れる魔女ではない。

暗闇の魔女の手下。その役割は夢。 あらゆるものに姿を変化させ 漆黒の闇の中に魔女の望みを描き出す。 暗闇の中では強大な力を誇るが、 街灯や月明かり程度のわずかな光があれば その力を半減できる。

お菓子の魔女(シャルロッテ)と使い魔(ピョートル)

sha

お菓子の魔女。その性質は執着。 欲しいものは 全部。 絶対に諦めない。 お菓子を無限に生み出せるが 大好物のチーズだけは自分で作ることができない。 チーズさえ持っていれば 簡単に隙をつくことが出来ただろう。

pyp

お菓子の魔女の手下。その役割はチーズを探すこと。しかし過度な期待は禁物。

魔女の中でも1番有名な人物(?)3話マミさんをマミった魔女。

叛逆ではマミさんの相方「ぺぺ」として登場。

ハコの魔女(エリーキルステン)と使い魔

hako

ハコの魔女。その性質は憧憬。 筋金入りのひきこもり魔女。 憧れは全てガラスの中に閉じ込める。 閉じ込められた者はその心までも 簡単に見透かされてしまうが 考えるより先に殴れば問題ない。

ハコの魔女の手下。 その役割は運搬。 この手下がさわった物体はとても運びやすくなってしまう。

4話にて登場。テレビの方が魔女で、片翼の天使っぽいのが使い魔。

マギカラッシュ中にこのステージにいくとややチャンス。終了間際にハコの魔女に矢を打つ演出があっても大抵ハズレる。

落書きの魔女(アルベルティーネ)と使い魔(アーニャ)

albe

落書きの魔女。(未登場) その性質は無知。 かくれんぼが大好き。 けれど彼女の手下達はあまり賢くないため 誰も彼女のことを探してくれない。

anya

落書きの魔女の手下。その役割は童心。 ひとり遊びに夢中になっているうち 魔女とはぐれてしまった迷子の手下。 人間をボールに変えてしまう力を使い、ボールに変えられた人間は今までについた嘘の数だけ地面を跳ねなくてはもとの姿に 戻ることが出来ない。

さやかと杏子が出会うきっかけとなった魔女。5話で登場。魔女の方はゲーム版で登場している。

銀の魔女(ギーゼラ)と使い魔(ドーラ)

gin

銀の魔女。その性質は自由。 高速で移動する結界の中に潜んでいるが 魔女自身は非常に愚鈍。 残念ながら科学的な力は一切使えない。 かつては全身目も眩むほどの銀色であったが、 海岸線の夕日を眺めているうちにずいぶんと錆びてしまった。

dora

銀の魔女の手下。その役割は主張。 体についたパイプから近所迷惑な爆音を撒き散らし気まぐれな砂嵐のように移動する。 嫌いなものは磁石。

7話にて杏子の回想シーンで登場。まどマギのスロットだとわりと頻繁に出てくる。

影の魔女(エルザ・マリア)と使い魔

elza

影の魔女。その性質は独善。 全ての生命のために祈り続ける魔女。祈りの姿勢を崩さぬまま、その影の中へと あらゆる命を平等に引きずり込む。この魔女を倒したくば、黒色の苦痛を知らなくてはならない。

影の魔女の手下。その役割は妄信。 影の魔女によって平等に救われてしまった命達の集合体。 彼らは同胞を求めている。

7話にて登場。にょろにょろと生えてくるのが手下みたい。さやかが慣れちゃって簡単になっちゃう相手。まどかにそんな戦い方ダメだよって言われる。

犬の魔女(ウアーマン)と使い魔(バルテルス)

mig

犬の魔女。(未登場)その性質は渇望。 誰からも誰よりも愛されたくてしょうがない犬の姿をした魔女。 その結界内に入った人間はこの魔女に関心を抱かざるを得ない。 この魔女を倒したくば偽りの愛をもって示せ。

bal

犬の魔女の手下。その役割はインテリア。 全く意思を持たずにただ回転しているだけのマネキン。 誰からも愛されなかった犬の魔女は意思を持つ手下を創造することが出来なかった。

8話にて登場。さやかにメッタ斬りにされた魔女。あんな状態だから関心を抱かずにすんだのか。

人魚の魔女(オクタヴィア・フォン・ゼッケンドルフ)と使い魔(クラリッサ)

cpj6oayu8aaxpfn

人魚の魔女。その性質は恋慕。 在りし日の感動を夢見ながらコンサートホールごと移動する魔女。 回る運命は思い出だけを乗せてもう未来へは転がらない。 もう何も届かない。もう何も知ることなどない。 今はただ手下達の演奏を邪魔する存在を許さない。

e381bee381a9e3818be29886e3839ee382aee382abe38080e9ad94e5a5b320-20e382b3e38394e383bc20193

人魚の魔女の手下。その役割は演奏。 魔女のために音楽を奏で続ける虚ろな楽団。 その音を長く聞き続けた者は魂を抜き取られてしまう。 この楽団は魔女のためだけに存在し、魔女には楽団が全て。

9話にて登場。その正体は残念さやかちゃんでした。公式の説明文がせつなすぎる。

芸術家の魔女(イザベル)と使い魔(ミヒャエラ)

gei

芸術家の魔女。その性質は虚栄。 自らを選ばれた存在であると疑わぬ魔女。 誰かに自分の作品を見せたくて仕方が無く 人間にも積極的に干渉してくるが、 その結界内はどこかで見たようなものばかり。 この魔女を倒したくば著名な批評家を連れてくればよい。

mihe

芸術家の魔女の手下。その役割は作品。 魔女によって命を奪われた人間は その体の一部分を盗まれ、この中に組み込まれてしまう。

10話のほむら過去編で登場。スロットだとわりとアツい。でも期待しすぎるとバインって跳ね返される。復活演出に期待したいやつ。

委員長の魔女(パトリシア)と使い魔(マテュー)

iincho

委員長の魔女。その性質は傍観。 蜘蛛のような糸を吐き結界内の空に自分だけの学園を作って 学生達と変わらぬ日常生活を繰り返している。 下校チャイムを鳴らせばこの魔女はどこかの住処へと帰ってゆくだろう。。

mathu

委員長の魔女の手下。その役割はクラスメイト。 足に履いたスケート靴で糸の上を優雅に滑走するが それぞれは魔女が糸で操ってるだけであり意思を持たない。。

10話のほむら過去編で登場。スロットだと激アツ。でも大事なところでハズレる。

救済の魔女(クリームヒルト・グレートヒェン)

mad

救済の魔女。その性質は慈悲。 この星の全ての生命を強制的に吸い上げ 彼女の作った新しい天国(結界)へと導いていく。 この魔女を倒したくば 世界中の不幸を取り除く以外に方法は無い。 もし世界中から悲しみがなくなれば 魔女はここが天国であると錯覚するだろう。

10話にて登場。まどかが魔女化した姿。ある意味アルティメットまどか。攻略法はムリゲー、能力は完全チート。こんなの絶対おかしいよ。

鳥かごの魔女(ロベルタ)と使い魔(ゴッツ)

robe

鳥かごの魔女。その性質は憤怒。 カゴの中で足を踏み鳴らし叶わぬもの達に憤り続ける。 この魔女はアルコールに目がなく、手下達もまた非常に燃え易い。

got

鳥かごの魔女の手下。その役割は軽薄無思慮。 群がる鳥は馬鹿な男達。何の役にも立たないくせに彼女の気を引こうと足元へ言い寄ってくる。 魔女にとっては嫌悪する対象でしかない。

10話で登場。マギカラッシュ中に移行すると激アツ。大抵なんか当たってる。おめでとうプチボーナス。

舞台装置の魔女(ワルプルギスの夜)と使い魔

warupuru

舞台装置の魔女(通称・ワルプルギスの夜 / 本名不明)その性質は無力。回り続ける愚者の象徴。 歴史の中で語り継がれる謎の魔女。通称・ワルプルギスの夜。 この世の全てを戯曲へ変えてしまうまで無軌道に世界中を回り続ける。 普段逆さ位置にある人形が上部へ来た時、暴風の如き速度で飛行し瞬く間に地表の文明をひっくり返してしまう。

tukai

舞台装置の魔女の手下。その役割は道化役者。 強大な魔力に引かれ集まった無数の魂。 ワルプルギスの夜自身が元々一人の誰かであったのか、或いは 多くの魂が集合することにより生まれた幻であるのか、今となっては分からない。

言わずと知れたラスボス。まどかがアルティメット化しなければ倒せないレベル。強すぎ。ずっと笑ってる魔女。なにわろてんねん

彼岸の魔女・くるみ割りの魔女(ホムリリー)

homu

くるみ割りの魔女。その性質は自己完結。歯はこぼれ頭蓋はとろけ目玉も落ちた。もう種を砕けない頭には約束だけがみじめに植わるが、殻の中で目覚めた魔女はそれでもまだ魔法少女の姿を色濃く残す。手下達はその姿をデキソコナイと呼び恥ずかしく思っている。

劇場版・叛逆の物語や魔法少女まどか☆マギカポータブルにて登場。ほむらが魔女化した姿。使い魔にバカにされるなんてひどい。

マギアレコードのゲーム内にも登場するかもしれません。BDをこれから見直しておいても良いかもしれませんね。うぇひひ

トップへ戻る