物理少女まどか☆マギカ 第4回「多次元で考える”まどマギ”のラスト」編

神まどか

ちょっとした悪ふざけのつもりで書いたら、いつの間にかお馴染みのコーナーになってしまった物理少女まどか☆マギカのコーナー第4回です。今回は”まどマギ”TV版終盤を物理学っぽく考察してみようと思います。

前回までのシリーズは下記リンクからどうぞ。

物理少女まどか☆マギカ  第1回「エントロピー」編
まどマギを題材に楽しく物理の学ぼう!物理少女まどか☆マギカのコーナーです。第1回目は、まどマギでお馴染みのキーワード「エントロピー」...
物理少女まどか☆マギカ  第2回「時間遡行」編
まどマギを題材に楽しく物理の学ぼう!物理少女まどか☆マギカのコーナー第2回です。今回は暁美ほむらの固有魔法「時間遡行」について触れてみましょ...
物理少女まどか☆マギカ  第3回「感情をエネルギーに変換するテクノロジー」編
まどマギを題材に楽しく物理の学ぼう!物理少女まどか☆マギカのコーナー第3回です。今回はQB達の目的である「感情のエネルギー変換」について考え...

まずはTV版10話〜ラストについておさらいをしてみましょう。

まどマギの終盤の簡易まとめ

ほむら

同じ時間をループして”まどか”を救おうとするほむら。しかし、何度繰り返しても救えないばかりか、因果が絡まってしまった事で”まどか”に強力な潜在能力を与えることこになってしまいます。そのため、まどかは魔法少女となって最大の敵であるワルプルギスの夜を倒しても最強の魔女となってしまう事に…

そして最終回で”まどか”は「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい」という願いで魔法少女になり、自身は魔女を消し去る概念と化します。

このラストを物理現象で考えてみます。

まどマギ終盤を物理学的に解釈してみる

まどかは自身の願いで概念になりましたが、これはいったいどういう事なのでしょうか?QBさんのセリフに注目です。

「君という存在は、一つ上の領域にシフトして、ただの概念に成り果ててしまった」
「もう誰も君を認識できないし、君もまた、誰にも干渉できない」
「君はこの宇宙の一員では、なくなった」

今回はこれらを多次元へのシフトとして解釈してみることにします。

こんにちは。鹿目さんはお休みかしら?

まどかは本場のうどんが食べたいと言って四国へ行ったよ

何の影響かしらね

それはさておき、巴マミ。今回キミには期待しているんだ。まどかが神になるときも色々と理解していたみたいだしね。

ええ、任せてちょうだい。物理は得意な方なの。

実に頼もしいよ。今回は他の魔法少女も見守っているしね。

後輩に格好悪いところ見せられないものね

私たちが存在している次元とは

ではまず、私たちが存在している次元から整理してみましょう。私たちは3次元(+1次元)に存在し、その空間を視覚で認識や移動する事ができます。

※人間には時間の概念があるので4次元存在とも言われてますが、今回は分かりやすく3次元存在としています。

+1次元ってどういうことかしら?

3次元空間に時間を足したって意味さ。時間に対しては視覚の認識や自由な移動ができないからね。

ええ、そうだと思ったわ。

……。ところで3次元とは一般的に何か知っているかい?

ああ…あれよね。うん、えっと、友情、努力、しょう…

それはジャンプ3原則だ。前後、左右、高さの3つだね。

今のはケアレスミスよ。気にしないでちょうだい。

ちなみに今回考える次元とは相対性理論のもので、ユークリッド空間で出てくる次元とは別だよ。

ユーグリキッドは有名ですものね。

ユークリッドだ。マミ、まさかキミはしったk…

さ、次も張り切っていってみましょうか!

人間は+1次元の要素である時間を意識する事ができ、その影響を受けます。認識自由な移動はできませんが、時計など3次元の道具を使って擬似的に認識する事は可能です。

ちなみにそれぞれの次元を言葉で表すと下記のようになります。

0次元…点

1次元…線

2次元…面(縦・横)

3次元…空間(前後・左右・高さ)

4次元…3次元+時間

ある次元の存在は、上位の次元から干渉不可の影響を受けると考えて良いでしょう。

そして、今回QBさんたちの話では時間移動が触れられました。

時間移動が可能な暁美ほむら

ほむら1

ご存知の通り、ほむらは条件が限定されているものの時間遡行が行えます。先に挙げた移動対象と存在次元で考えれば、ほむらは一時的な4次元存在として考えてもよいのではないでしょうか?

そして、4次元存在である”ほむら”は時間移動が可能なものの、5つめの次元要素に対しては「流されている」状態にあると考えられます。

はたして5次元目の要素とは何なのでしょう

5つめの次元とは

物理学の世界でも5次元の要素に関する理論がいくつもありますが今のところ観測はされていません。なので今回は”まどマギ”の世界で考えるとすれば、それは運命または、アトラクタフィールドの収束といったものではないでしょうか。

アトラクタフィールド理論

時間移動においてパラドクスが起きないための強制力のようなものとして働く力と考えれば良さそうです。

実はこの5次元について近年ある物理学者の説が注目されているんだ。

エジソンさんよね

違う。リサ・ランドール博士というハーバード大学の教授だ。近年と言っただろう。彼女は実験の際にある現象を偶然発見したんだ。

リンゴが落ちたのね

それはニュートンだ。彼女は、反応をさせると完全に消滅する素粒子をみつけ、それに注目した。

素粒子なら私も顕微鏡で見たことがあるわ

素粒子は”見える”といったものではない。彼女は消えた素粒子がどこにいったのかを考え、それは異次元へいったと考えたんだ。

私も似たようなことを考えたの。最近、紅茶の減りが早くってね。

それは、まどか達に振る舞っているからだろう

そうよ、私ひとりぼっちじゃないもの。もう何も怖くない!

この後良くない事が起こりそうだ。

ちなみにリサ・ランドール博士の説で5つめの次元要素は”5次元方向への距離”とされています。これが具体的に何を示しているのかは分かっていません。

まどかの存在のシフト

アルティメットまどか

「君という存在は、一つ上の領域にシフトして、ただの概念に成り果ててしまった」

まどかは願いによって”概念”という存在にシフトしました。これを「まどかは5次元存在へとシフトした」と仮説すれば、ほむらが縛られていた5次元目の要素操作は行えるでしょう。

また、私たちが時間という4次元目の要素の存在を意識はできるように、4次元存在であった”ほむら”が”まどか”を意識する事は可能(認識は不可)なことにも矛盾はなさそうです。

低次元への干渉は可能なのか?

神まどかは自身より低次元である3次元に干渉は可能なのでしょうか?

私たち人間は低次元である2次元(面にいる者)に対して干渉が可能なように思えますが、実際は3次元上で置き換えだけで直接触れたりはできません。同様に神まどかも魔法少女たちに触れたりprprすることはできません。

まさしくQBさんの言った「もう誰も君を認識できないし、君もまた、誰にも干渉できない」という事になります。

円環の理

それでは最後に「円環の理」について考えてみます。神まどかの救済は異次元の存在に対する干渉になってしまうのでしょうか?

円環の理というのは魔女化する前に救済されるシステムよ。魔法少女の間で口伝で伝えられているわ。

では、円環の理を次元的解釈でも説明してくれるかい

あとはキュゥべえが続けていいわ。

いや、流れ的にマミの番じゃないかな。

飲み込みが悪いのね。譲ってあげるって言ってるの

………。結論からいうと異次元に対する干渉にはあたらない。なぜなら、その次元の認識にない操作は干渉にならないからね。

ふぅん

よく分からないって顔をしているね。もし、時間操作が行える人間がいて世界の時間を戻したとしても、3次元の人間はその変化を認識できない。だから干渉にも繋がらない。

そんな顔はしていないわ。でも、もし認識できてしまったら干渉となるのかしら。

認識できた時点で高次元へシフトされたと捉えるべきだろうね。

なるほどね。それと、暁美さんの時間移動は世界の時間を戻したのと違うのかしら。

主観の違いだね。ほむらの時間遡行も視点が変えれば世界の時間が戻されたとも言える。

同じ原理で円環の理も干渉にはならないというわけね。

ああ、不思議な現象であったとしても人は運命の変化を認識できないからね。

あと暁美さんにはどうして鹿目さんの記憶があったのかしら。

まどかは2つの次元を超えるという奇跡を起こした。その瞬間は特異点と考えるべきだ。だから目撃による記憶が残っていたのだろう。

得意点。

特異点。それまでの法則が適用できない点のことさ。ほむら自身も特殊な存在だから目撃ができたんだろうね。

それにしても今回は長いのね。少し疲れてしまったわ。

そうだね。休憩がてら何か食事でも頼むかい?

いいわね。私はケーキ♪

あっ

マミられる

まとめ

トラブルが生じたため、最後は強引にまとめます。

君はこの宇宙の一員では、なくなった」とは「膜宇宙」説で捉えると分かりやすそうです。

人間が観測できるこの世界は、縦・横・高さの3次元で時間を加えて4次元となる。リサ・ランドールは、物理的5次元である高次元世界を、次のようなモデルを構築して分かりやすく説明する。我々の宇宙はバスルームのシャワーカーテン(膜、ブレーン)のようで、我々はシャワーカーテンに着いた水滴のようなものと考えれば良い。水滴はシャワーカーテンの上を移動できるが、シャワーカーテンから離れてバスルームには飛び出せない。バスルーム全体が高次元(5次元、6次元などの異次元)の世界だと譬える。我々は3次元のブレーン(膜宇宙)の中を移動できるが、高次元の世界へ飛び出す事は出来ず、また高次元の世界を見る事も出来ない。

参照:膜宇宙と5次元以上の世界

この膜宇宙は何層にもなっているとのことです。次元のシフトでバスルームの側から観測できる存在になったのなら、たしかに「この宇宙の一員ではなくなった」と言えるでしょう。


以上、物理少女まどか☆マギカ第4回でした。

えっ、そもそも魔法少女たちは2次元の存在だろって?

いやいや何をバカなことを。実際に今もこうして目の間にいるじゃないですか。はっはっはっ!

ははは………

うああああああーーーーーー

さあシェアしてごらん

コメント

  1. 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 11:56:41 返信

    マミさんきたぁぁ!

  2. 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 13:53:52 返信

    ほんと説明力高いなぁ
    マギレコの配信が遅れてつらいけど、これが読めるのはそのお陰なんだよなぁw

  3. 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 15:17:00 返信

    管理人という存在が、一つ下の次元にシフトしたようだwww

  4. 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 16:37:55 返信

    なんかすご過ぎ

  5. 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 17:20:29 返信

    物理だったりトマトだったりマギレコって賢さが上がるゲームだったのかー

  6. 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 20:20:13 返信

    でも作者はそこまで深く考えてなさそう

    • 名無し☆マギカ 2017/07/02(日) 21:13:37 返信

      後だしでいかにつじつまを合わせられるかが、こういう考察の面白いところだな

    • 名無し☆マギカ 2017/07/03(月) 12:08:52 返信

      アニメとか漫画なんてそんなもんだよ
      後からファンが後付けで色々面白くしてくれる

  7. 名無し☆マギカ 2017/07/03(月) 10:46:08 返信

    ほむらがまどかを覚えてるのはある程度魔獣編で語られたと思うが簡単に言うと 魔法少女2人が世界を超えて想い合うとそこからQBと契約せずに新しいSGが生まれて願いを叶えられる というものでこれで願いを叶え...全て読む

    ほむらがまどかを覚えてるのはある程度魔獣編で語られたと思うが簡単に言うと
    魔法少女2人が世界を超えて想い合うとそこからQBと契約せずに新しいSGが生まれて願いを叶えられる
    というものでこれで願いを叶えてまどかを覚えてたり、魔獣を穿つ力や記憶操作の魔法を習得したとの事

    ぶっちゃけると杏子が何度も助けようとしてくれた事をさやかが思い出して、杏子もそれ思い出したり、マミさんとなぎさも悪魔世界で一気に想い合ったりしていたら真似出来なくはない

  8. 名無し☆マギカ 2017/07/03(月) 12:08:24 返信

    しったかマミさん可愛い

トップへ戻る