【マギアレコード】ゲームの開発はまどマギ好きのスタッフがこだわりを持って制作!

マギレコの開発スタッフさんも、まどマギ好きであるようです。2011年に放映されてから長く愛されているコンテンツなので、作品を好きな方が開発に携わってくれる事は嬉しいですね!

―――:前回インタビューさせていただいた時には60名体制だったと思いますが、現在はどのような体制になっていらっしゃいますか?

佐藤氏:今は75名ぐらいの体制になっています。前回のインタビューの時にお話しさせていただいたとおり、100名くらいの体制を作っていきたいと思っています。「まどか☆マギカ」のチームは新しいメンバーが多いですね。

田口氏:チームの半分以上はここ一年で参加した新しいメンバーです。

佐藤氏:「まどか☆マギカ」を好きな人に制作に携わってもらう機会を提供できることは、アニプレックスさんも喜んでくださっているので、ぜひ参加していただきたいです。直接応募していただくのも是非。

―――:やはり作品を愛しているということは大事ですからね。

セガゲームスから配信され、8月に600万ダウンロード突破するなど好調な「オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-」(以下「オルサガ」)を生み出し、アニメ放送に合わせて、ゲームの大型アップデートを実施した「ア...

単純なゲームではなく、作品を大切にする気持ちはとても大事だと思っています。大ヒットゲームでも作品に愛がないのかな?と感じてしまうものもあり、同時にゲームへの熱が冷めてしまうなんてこともありますしね。

―――:採用は「マギレコ」に限らず、どのタイトルでも行っていらっしゃるのですか?

佐藤氏:はい、面接のタイミングでも希望を聞いています。まだまだチームをリードしていくようなメンバーも必要ですし、今はとにかく物量が増えているところなので、これからこの業界で頑張っていきたい若手も入りやすいタイミングだと思います。「マギレコ」については、より“こだわり”を面倒と感じず、楽しめる方が良いと思いますね。

作品を好きなスタッフが開発を行っているからこそ、出せるこだわりがあると思います。スタッフの人数も多いようなので、それぞれ好きなキャラクターがいたりするかもしれません。

その想いが、より魔法少女達を魅力的にみせてくれる事に期待したいですね!

ほむほむのかわいい一面も、もっと見たいので開発がんばってください!

さあシェアしてごらん

トップへ戻る