【マギレコ】マギアレコードのアニメ化について真面目に予想してみる

マギレコ

今回はマギアレコードのアニメ化の可能性について、それっぽく、真面目に考察・予想してみました!

マギアレコード・アニメ化の可能性は?

マギアレコードは、アニメの企画・制作・販売を行っている会社ANIPLEXが運営。大人気ゲームであるFGOも同社が運営し、アニメ化もされています。FGOはゲームがヒットしたことで大規模なメディアミックス展開が行われていますが、マギレコも同じような展開がされるのでしょうか?

現在のアニメ産業における収益モデル

魔法少女まどか☆マギカ タイトル

まずはアニメ産業における収益モデルについて。

現在のアニメ制作は製作委員会方式が主流となっています。

製作委員会方式とは

製作委員会方式とは、映画、アニメ、テレビ番組、演劇・ミュージカルなどの製作方式のひとつ。製作委員会には複数の企業が参加して製作資金を出し合い、作品の権利や損益をこれらの企業が分け合う。

参考リンク:製作委員会方式

製作委員会方式はメリット・デメリット、賛否両論ありますが、一つの作品におけるリスクを分散し、多くの作品へ出資できるようにした事で利益の安定性を高めています。アニメ作品が放送から間もなくして多くのメディアに展開されているのは、版権を使用した商業のために各企業が活動しているからなんですね。

一般社団法人日本動画協会の「アニメ産業レポート2015」によると、日本のアニメ業界市場は制作会社の総売上が推定1,847億円(2014年)となる。「大きな数字に見えて、それほど大きな数字ではない」と語る亀山氏は、周辺ビジネスも含めたアニメ関連産業の総売上が推定1兆6,297億円(2014年)あることを続けた。

参考リンク:深夜アニメの製作資金は約3億円…儲ける仕組みや製作委員会の構造とは

アニメ自体の売上よりも周辺ビジネスの総売上の方が大きいことがわかります。メディアミックス展開が行われない場合、よほどBD/DVD(いわゆる円盤)が売れなければ黒字化できず次の作品を作ることができなくなってしまうかもしれません。

スマホゲームの移り変わり

pazudora

パズドラの大ヒットを皮切りに数多くのスマホゲームが登場してきました。その後、市場にはスマホゲームが溢れるようになります。それにつれ新作ゲームをリリースする開発運営費・広告費が高騰し、今では数億円〜十億円以上に及ぶ金額になっているようです。

スマートフォンアプリ業界に身を置く方々に話を伺い、2015年の市場動向と2016年のトレンドを読み解く特別企画「ゲームアプリ市場のキーマンに訊く2015-2016」。今回は、セガゲームス 上席執行役員...

こうした状況から、スマホゲーム業界でもアニメ業界同様にメディアミックス展開によって収益をあげるスタイルに移行しているようです。

ゲーム単独ではなく、コンテンツの総合力を高めるためのアニメ化展開も珍しくなりました。

2015年に絶賛配信中のアプリから、2016年以降にアニメ化が決定している注目タイトル7作品をピックアップ!

メディアミックスを既に展開しているマギアレコード

マギアレコード一番くじ

では、本題のマギアレコードについて。

ゲームリリース前ながら、コラボグッズや一番くじ・フィギュアの販売が予定されています。もちろんメインコンテンツはスマホゲームですが、アニメ同様に周辺メディアの総売上を見込んだコンテンツとして企画されていると思われます。

アニプレックスとMagia Record Partners

マギアレコードでは運営のアニプレックス以外にもMagia Record Partnersが並んでクレジットされています。本家まどマギのMadoka Partners(毎日放送・アニプレックス・芳文社・博報堂DYメディアパートナーズ・ニトロプラス・ムービック・シャフト)とは異なっていますね。

Magia Record Partnersに加わっている企業は明かされていませんが、シャフト・芳文社・ムービック・博報堂DYメディアパートナーズの他、セブンイレブンやバンプレスト、セガなどが名を連ねているのではないでしょうか。

各ジャンルの強力な企業が出資しているコンテンツだけに、大掛かりなメディア展開で多方面からの収益化が企画されていそうです。

結論

スマホゲームがヒットした場合は、まずアニメ化されると予想できます。

そして、もしゲームの状況が思わしくない場合でも出資企業が持つ版権の価値を高めるため、アニメ化へ展開する可能性は非常に高いと予想しています。

アニメ化された場合は誰が脚本を書くのか、など心配な点も多いと思います。それについては、アニプレックス・Magia Record Partnersと共にクレジットされているMagica Quartetに期待したいところですね。

まとめ

マギアレコードアニメ化について、妄想トリガー&追加トリガー全開で予想してみました。

FGOの大ヒットに続きマギアレコードでも多角的な商業展開が成功すれば、今後も人気アニメを題材にしたスマゲホームの登場・スピンオフ的な続編・周辺グッズ展開への動きが、より活発化するのではないでしょうか。

好きな作品と触れ合う機会が増えることは、ファンとしてとても嬉しいこと。今後も応援したいと思っています。

その他参考リンク

ソニーは、子会社が手掛けたアニメ作品を積極的にスマートフォン向けのゲームに展開しようと考えている。アニメの世界観やキャラクターを生かすことで人気ゲームを生み出し、収益を多角化する。
モンスターストライク(ミクシィ)、パズル&ドラゴンズ(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)、ディズニーツムツム(LINE)――。現在、日本のスマホゲームで売り上げ金額の大きい上位3アプリ(iOS・アッ…

真面目に書いたらおなかすいてきた

さあシェアしてごらん

コメント

  1. 名無し☆マギカ 2017/05/28(日) 18:02:43 返信

    まずはどんなストーリーなのかにもよるかな
    シナリオが良かったらアニメ化して欲しい

  2. 名無し☆マギカ 2017/05/29(月) 13:21:49 返信

    続編よりこういう風なサイドストーリーの方が正直見たい

トップへ戻る