【マギレコ】魔法少女の超必殺技「ドッペル」って何だ!?現在判明されている内容を総まとめ

一部の魔法少女のみが使用可能なドッペルという新システムについて解説

25日ニコ生内でのゲーム実機プレイにて、覚醒した一部の魔法少女のみが使う事ができるという『ドッペル』という超必殺技の発表がありました。
同じく必殺技スキルを発動する「マギア」が中攻撃、今回発表された「ドッペル」が大攻撃というイメージでしょうか。

新たな力「ドッペル」


公式サイトのPOINT4が本日解放され「ドッペル」について軽く説明されています。

神浜市では、「ドッペル」という力を一部の魔法少女たちが発動します。これは、ソウルジェムが濁りきった際に、内なる魔女の力を部分的に発動・自由に行使する能力で、覚醒した魔法少女だけが備えることになります。

ソウルジェムが濁りきったら魔法少女は魔女になりますが、神浜市では内なる魔女の力を発動する事ができるようです。
一部の魔法少女というのがポイントになりそう。ドッペルを使える人と使えない人がいるみたいですね。

「ドッペル」を発動した際のゲーム画面

ニコ生内の実機プレイにてマミさんのドッペル発動画面が公開されています。

紫の煙のようなものに覆われて…

特殊ムービー演出が発動!(劇団イヌカレーさん、さすがっす)


マミさんの髪の毛で強攻撃!!!!
Pいわく、レーザーのイメージだそうです。

鹿目まどかのドッペル

慈悲のドッペル

その姿は、救済。このドッペルは慈悲の写し。この感情の主はドッペルの内側ですべてを救う夢を見る。
神にも等しいちからをもったこのドッペルは、地上を等しく塵へと帰すだろう。

ソウルジェムの色や中に眠っているキャラを見る限り、これはまどかのドッペルだと思われる。
「地上を等しく塵と帰す」…コワイ。全体攻撃かな?

巴マミのドッペル

ご招待のドッペル

その姿は、おめかし。このドッペルはご招待の写し。このドッペルはリボンのような両手を使って多彩な攻撃を仕掛ける、しかし、この感情の主はこの小さなドッペルが何か大きな力を秘めているとは思っていない。
おとなしいドッペルではあるが、誰に似たのか思い込みが激しくいまいち人の話を聞かないのがたまにキズ。

マミさんのドッペルはゲーム実機にて紹介されているので上記をご確認下さい。
マミさんの綺麗な髪の毛がレーザーになって攻撃するのである。

七海やちよのドッペル

モギリのドッペル

その姿は、切符鋏。このドッペルはもぎりの写し。
ソウルジェムが黒く染まりきる時、やちよの両手と左足が変化しこの姿となる。長く魔法少女として生きた者、比較的年齢の高い者が行使するドッペルは、思春期の少女に比べ感情の揺れ幅が縮小してしまうことによりドッペルが魔法少女の身体から分離しきれず主と一体化したような姿になる場合がある。

両手と左足が変化!?主と一体化!?説明文だけではどのような攻撃をするのかは分からない。見た目的には一番コワイ

環いろはのドッペル

沈黙のドッペル

その姿は、呼子鳥。 このドッペルは沈黙の写し。
ソウルジェムが黒く染まりきる時、いろはの髪の毛が変化しこのドッペルは姿をあらわす。
臆病な性格のこのドッペルは沈黙し耳を塞ぎ、あらゆるものを布で覆い隠そうとしてくる。

あらゆるものを布で覆い隠そうとしている。というのがキーワードになりそう。
覆い隠すって事は防御系のドッペル?いろははスキルも回復だったりするから可能性としては高そうだ。

4人の他にもドッペルを持つ魔法少女が判明!

アニメジャパンのステージで公開されたのは4人の魔法少女とドッペルのみでしたが、同イベントのマギレコブースでは、その他のドッペルも紹介されていました。

詳しくは下記ページからご覧下さい

【マギレコ】新たなドッペル情報が判明!!それぞれの魔女名(ドッペル名)も解読してみたよ
3月に行われたアニメジャパンのステージにて、鹿目まどか・巴マミ・環いろは・七海やちよのドッペルが明かされましたが、他の魔法少女のドッペルも判...

最後に

現在超必殺技ドッペルを使用可能な魔法少女は4人「鹿目まどか」「環いろは」「七海やちよ」「巴マミ
これ以外の魔法少女も使えるのかどうかは今の所謎であるが、ドッペルがクエストクリアの鍵を握っている事は間違いなさそうだ。

【要チェック】今日のアニメジャパン2017で発表されたマギレコ最新情報を総まとめ!
最新情報の全てを総まとめ!見逃した人は要チェック! 本日開催のアニメジャパンとニコ生にて発表されたマギアレコードに関する最新情報や最新ニュ...
【マギレコ】ある意味“閲覧注意”レベル!環いろはの制服姿が可愛すぎて死にそう
制服姿の環いろはちゃんが可愛すぎて死にそう アニメジャパン2017マギレコブースでお披露目された環いろはの制服姿。今までは魔法少女の時のみ...
トップへ戻る