【マギレコ】他プレイヤーとの対戦・鏡の魔女の空間『ミラーズ』はどんな内容になる?

マギアレコードではプレイヤーバトル要素として、鏡の魔女の空間「ミラーズ」が用意されているようです。

さて、ミラーズでの対戦はどのようになるのでしょうか?

他ゲームの対戦要素いろいろ

まずは他スマホゲームのプレイヤー対戦スタイルをいくつか挙げてみます

リアルタイムバトル型

シャドバ

シャドウバースのようなリアルタイムでのプレイヤー対戦。りんごんりんごーん。人間同士の戦いとなるので奥が深いバトルが楽しめます。

メリット

  • 駆け引きや奥深い戦略が楽しめる
  • 友達とのバトルがしやすい
  • 勝った時の喜びはCPU対戦よりも大きい
  • 戦力に差があっても状況判断で勝利することができる

デメリット

  • 回線切断によるバトルの強制停止などが問題になりやすい
  • 負けた時のストレスが大きい
  • 過疎ゲーや対戦に魅力がない場合、相手プレイヤー探しに時間がかかる

リアルタイムバトルはハマりやすい分、イライラしてしてしまう事も多いです。それが癖になる要素でもあるんですけどね。悪意のある切断はダメゼッタイ。

CPU対戦型

ファイアーエムブレムヒーローズのような、他プレイヤーのチームをCPUが操作して戦うタイプ。翼をください。

メリット

  • 対戦相手がいつでもいる
  • 好きなタイミングで中断・休憩ができる
  • じっくり考えて次の手を打てる

デメリット

  • CPUの行動パターンによっては単調になりがち
  • 戦力差が勝敗に直結しやすい
  • CPU操作の自分チームが負けていると虚しい気持ちになる

他プレイヤーチームが対戦相手になるのは面白いですが、CPU相手では物足りないと感じることも。

ポイントランキング形式

音ゲーのイベントに多くみられる獲得ポイントのランキングで競う形式。単純にプレイした時間が結果につながりやすいです。ちなみに先日、某SSR狙いで爆死しました。スカチケはよ。

メリット

  • 完全に自分のペースでプレイが出来る
  • 努力(?)による結果が得られやすい
  • 他プレイヤーとの戦力差による影響が少ない

デメリット

  • 周回作業となるので内容によっては苦行と感じることも
  • 上位争いが激しいと、かなりの時間を取られてしまう

この形式の対戦は繰り返しプレイがキモなので、上位を狙うにはかなりの体力・時間が必要になります。周回が飽きづらい音ゲーは適しているように思えます。

この他にも複数のプレイヤー同士で戦うタイプもありますが、マギレコでレイドがある場合、協力して大型魔女を倒すスタイルになる気がするので省略。

鏡の魔女の空間「ミラーズ」が意味するものは

鏡に写った自分たちの姿をした使い魔と戦うのではないかと思います。使い魔という性質であれば、対戦者はCPU相手となり、最終的にはレイド形式で魔女と対峙するのかも?

もしくはシンプルに使い魔や魔女を倒していき、撃破数・ポイントを稼ぐランキング形式の対戦かもしれないですね。

トップへ戻る