美国織莉子(魔法少女おりこ☆マギカ)

おりこ

まどマギの外伝「おりこ☆マギカ」で登場する美国織莉子について。

キャラクター概要

おりこ

「白女」と通称されるお嬢様学校に通う、中学3年生の少女。物語冒頭でキュゥべえと契約し、魔法少女になる。
父は見滝原市市議会議員の美国久臣で、自らも生徒会長を務めていた才媛である。
母を早くに亡くしており、以来父親に相応しい娘となるべく、幼い頃から己を律していた。
それ故に年齢以上に大人びた印象を与えているのだが、一方でそのために、様々な感情を抑え込み、無理をしていた部分もあった。
本来は歳相応(以上?)に幼い部分がある人物でもあり、苦手なケーキ作りが、たまたまうまくいった時には大はしゃぎするなどといった場面も見られている。

正義感が強いものの、同時に多くを救うために少数を犠牲にできる冷酷さを持ち合わせている。
とはいえ前述通り、そうした行動を取り続けられるほど、精神的に図太い人間ではない。
本編を補完する[新約]シリーズ「sadness prayer」においては、後述する魔法少女狩りを行うに当たって、本当にそれは正しい行いなのかと躊躇する姿が描かれていた。

参照:http://dic.pixiv.net/

魔法少女らしくない主役でラスボスのような主人公と言われているとか。

魔法少女としてのスタイル

白い衣装と帽子を纏っている。ソウルジェムの色はパールっぽい光沢のある白色。浮遊する宝石のようなものを武器としている。未来を見通す魔法を持つが、その為に魔法少女狩りを行うようになってしまう…

マギアレコードでの美国織莉子

現時点では登場予定はありません。本編に絡む事はなさそうですが、外伝つながりとしてイベントなどで登場はあるかもしれません。

トップへ戻る